「習いに行くぜ!東北へ!!」2017
~ 大船渡の郷土芸能に浸る4日間“黄金けせん”の巻 ~

2013年より始まった「習いに行くぜ!東北へ!!」
これまで三陸沿岸の様々な郷土芸能を習う機会を創出してきました。
これまでまったく触れたことのなかった郷土芸能に出会い、その魅力は知れば知るほど芸能の持っている奥深さ、面白さにどんどんはまっていきます。
そして何よりも郷土芸能をやっている人たちが素敵です。今回は、2月12日に行われる「黄金けせん!民俗芸能大祭part2」に先駆け、大船渡市郷土芸能協会の協力で、大船渡の様々な郷土芸能を習います。
まず初めての方向けの「ライトコース」、初めてだけどみっちりと習ってみたい方向けの「ガッツリコース」のふたつのプログラムを用意しました。
 郷土芸能を通して三陸の方々との新しい出会い、繋がりをつくりませんか。皆様のご参加をお待ちしています。


Aコース
2017年2月9日 〜 10日 / 定員5名(先着順)

永浜鹿踊りをみっちり習う!!

永浜鹿踊り

永浜鹿踊りは中立(ナカダチ)を中心に8人で構成されています。
踊りの内容はテッテコ(本庭)、3人狂い、回り切り、鹿の子のキリなどがある中で、今回はこれを覚えたらほとんど踊れると言われる「テッテコ」を習います。

スケジュール

2月9日(木)

座学:永浜鹿踊りとは
14:00 〜 16:00 @三陸地区会館「ば」

練習1
19:00〜21:00@永浜鹿踊り伝承館

2月10日(金)

地を歩いて地域を知る
13:00〜15:00@弁天山厳島神社周辺

練習2
19:00〜21:00@永浜鹿踊り伝承館



Bコース
2017年2月11日 /定員10名(先着順)

3種の芸能を体験入門する。

代表的な3種の郷土芸能(鹿踊り ししおどり・虎舞 とらまい(獅子舞)・剣舞 けんばい”を体験できます。

前田鹿踊り

13:00 〜 15:00
リアスホール

前田鹿踊りは、女鹿が加わって9頭立てで構成され、『礼舞・家柄ぼめ・入り羽・鹿の子・三人狂い・案山子踊り・鉄砲踊り・墓踊り』などの踊り中から、今回は1番最初に舞う「礼舞」を習います。

門中組虎舞

16:00 〜 18:00
門中組振興会稽古場

門中組虎舞の踊りは、『道中囃子・地踊り・腰のり・首のり・さがりは』が一連の流れとなっており、今回はその中から虎が獲物を求めて右に左に首を振りながらばく進する様を現す「地踊り」を習います。

赤澤鎧剣舞

19:00 〜 21:00
赤澤公民館

赤沢鎧剣舞は道中踊りから始まり、『討ち込み(ブッコミ)・中踊り(念仏・和讃)・引端とあり、その踊りの中にも刀・扇子・なぎなた・綾踊り』とある中から今回は「刀」の踊りを習います。 


黄金けせん!民俗芸能大祭 Part.2 開催
気仙地方の様々な郷土芸能を見たい!

2017年2月12日

出演団体

赤澤鎧剣舞、板用肩怒剣舞、白浜剣舞、仰山流笹崎鹿踊り、永浜鹿踊り、 管生田植踊り、平組梯子虎舞(以上、大船渡市)、柿内沢鹿踊り(住田町) 神楽七芸(福島県浪江町)、崎浜大漁唄い込み(宮城県気仙沼市唐桑)他



2月12日(日曜日)
入場無料
リアスホール 10:00 〜



受講料

ガッツリコース
Aコース + Bコース 10,000円

ライトコース
Bコース 6,000円

特待生制度
申し込む際に「特待生希望」と明記し、400字〜800字で「参加申込みの理由/意気込み」をお送りください。
申込みされた方の中から、ガッツリコースへ1〜2名程度の特待生を選出、受講料は無料とします。

受講特典
「習いに行くぜ!東北へ!」優先オファー
今回、参加された方の中から優先的に、来年度以降におこなわれる「習いに行くぜ!東北へ!」の参加のオファーをしたいと思っております。